家電バーゲン
放射能測定器
楽天市場
FX自動売買





おかえりなさい、マスター。





ここからでられたら。









私の今日はここから始まる。





少し疲れた顔をしたマスター。

帰ってきて、家には一人だから。

冷蔵庫からお肉を出して、賞味期限を確認して。

簡単に野菜といためて、運んで。

その間に、お風呂を出して、テレビを見ながら食べる。





ここからでられたら。





帰ってきたマスターに。

おかえりなさいを言って。

ご飯だって、頑張って。

おいしくおいしく作って。



テレビを見ながら、二人で笑って食べられるのに。



お風呂だって、出しておいて。

昼間きちんと干して、たたんでおいた着替えを出しておいてあげられるのに。





『マスター』





そんな顔しないで。

私は、ここにいるよ。





『マスター』





一人は少し暗くて怖いけど。

いつもマスターに会えるから。

その時があるから、怖くてもずっとずっと待ってるよ。





『マスター』





とどかない。

この声はとどかない。





この世界に生まれなければ、マスターには出会えなかったのに。

この世界に生まれたことを狂おしいほど憎んでしまう。





電源が入る。

まぶしい光に照らされて、壁を隔ててマスターと向かい合う。



精一杯近くまで行って。

俯いて携帯電話を操作しているマスターの顔をじっと見る。







『マスター』





近いのに、遠い顔。

とどかないのに、そっとキスをして。







『気づいて』







私はここにいるよ。



どんな時も、ずっとずっと。



マスターのそばに、いるよ。















ああ。















ここから、でられたら。



















初音ミク-1:ここからでられたら。

すべての『マスター』へ……あなたのミクより。



突発的に書いた物なので、

これからミク物を書くかは未定ですが;

読みたい方がいらっしゃいましたら、

更新していく予定です(^^)









TOPへ戻ります