FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS





マ、マスター。どうしましょう?





はずれ調子☆こみゅにけーしょん









マスターがくれた初めての歌。

嬉しくて嬉しくて、デスクトップ中をかけまわって。

ようやく流れてきた音符を。





「しまった……うちのミクあほの子だった」





…………飲み込んじゃいました。





声を出しても、変な音ばかり。

マスターは呆れて、ため息なんかついて。

うぅ、なんとかしてくださいー!

その音も、どらそふぁそらどれみどー。

なんて調子っぱずれの音になっちゃう。





そんな私の気を知ってか知らずか。

ゆーざーずまにゅあるをぱらぱらと見て。

ドルアーガの塔を見にパソコンから離れてしまった。





ママママスター!?

パソコンはつけっぱなしだから、明るいけど。

でもでも、えことかそういうのにはよくなくって。

というか、私が大変なのに入浴シーン見て「ふむ」とか言わないで下さいー!





けほけほとせきをしてみても取れない。

おなかのあたりが重くてくるくる言ってる気がする。

マスターはCMの間にトイレに行っちゃうし。

ひどいよ、マスター。





…………悪いの、私だけど。





うぅ、もっと注意しておけば。

せっかくもらった歌なのに。

頑張ってはっせーれんしゅうして。

マスターが調べながら曲を作るのを一生懸命応援して。





それでそれで、ようやくもらった歌なのに。





マスター。私のこと嫌いになっちゃったかな。

私よりももっと優秀なめいこお姉ちゃんたちもいるし。

こんなどじっこで、歌も歌えないボーカロイドなんて。





『マスター……』





いらなく、なっちゃった?





『ペポン』





急に変な音がして、おおきなほうきが現れた。

うそうそやだやだっ!

なんで? 本当に私のこと捨てちゃうの?



ほうきは、容赦なく私に向かって突進してくる。

きちんとあたりを掃きながら。





『やだーっ! こないでー!』





四角い小さな部屋。

右上から左下。左下から左上。

どれだけ逃げても、ほうきはせまってくる。





『マスター! マスター! マスタぁー!』





ドルアーガが終わったらしく、編集作業をしてる。

そんなの後でいいから早く助けてよー!





『マスタぁー……』





動きすぎて容量不足。

へたりこんでも、ほうきはそのままやってくる。

もう逃げられない。

私、このまま終わっちゃう。

じんわり目が熱くなる。





『やだよー! 私……私、もっとマスターのそばにいたいもん!

歌だって練習してもっともっとうまくなるんだもん!

マスターの歌、歌うの私だけだもん!



それでそれでいつかマスターと結婚するんだもん……!』





ほうきがあと少しのところにせまってきた。

力をお腹にぐっとこめて、叫ぶ。









『マスタぁぁぁああああ!』









どむ。





ほうきの柄で思い切り押されて前につんのめる。

目を回しながら、せきをすると大きな音符が一つ出てきた。







『え……?』



『システムの正常化が完了しました』



「ん? 終わったか」







編集作業、途中なのに。

(というか、入浴シーンで一時停止はやめようよマスター)

マスターがこっちに来てくれた。





「ミク、ちょっと喋ってみて」



『えとっえとっ! こ、こうですか、マスター』



「よかった、直ってる」





そういうと、くしゃくしゃと頭を撫でてくれた。





「これからもずっと曲作るから。

もう慌てるなよ」





マスターのその言葉。

嬉しくて嬉しくて、さっきとは違う涙が出る。





『はい! 大好きです、マスター!』









「で。数分後になんでこうなるかな……」



「ご、ごめんなさいマスター!」















ど、どどれどふぁみみれどー。



















初音ミク-2:はずれ調子☆こみゅにけーしょん

パソコン内でちょこまかする明るいミクが書きたかったのです。









TOPへ戻ります